株式会社コネクトファクトリー

ブログ

ブログってなんだろう?

2015.11.17

connect-mori

blogtop

どうも!! 関西、神戸を中心にシステム開発/ホームページ制作をしている会社、コネクトファクトリーのWeb担当 森です。

気づけばもう2015年も残り6週間・・・半泣きです。

さて!なんだろうシリーズ第2回!
今回は前回の「ホームページってなんだろう?」につづいて「ブログってなんだろう?」です。

ただ、説明としてはとっても簡単で

ブログ(Wikipedia参照)

ブログ(blog)は、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。

と、Wikipedia引用文でも十分理解出来ると思います。

実際にブログ作成となるとlivedoorやFC2、アメブロなどといった大手のサービスに登録することで簡単に無料で開始できます。

また根気があれば自分でサーバーを借りて、URLを作って・・・ということもできます。

blogについての考察

blog

一言にブログと言ってもその運用や意味合いの傾向から下記のように種類分けすることが出来ます。

種類

  1. 日記系
  2. 技術・記録系
  3. まとめ系
  4. コンテンツ系

1.日記系

閲覧の対象 : 知り合い・身内や自分に興味を持つ人

2002年頃から爆発的に増えたブログサイトのキッカケはこの日記系のブログです。
有名人のブログが注目され、一般の人もブログを始めだしました。

爆発的な流行りの原因は「周りの人に認められたい!見て欲しい!知ってほしい!」という承認欲求との相性がとても良かったことだと考えられます。

現在はFacebookやTwitterなどのSNSに取って代わられた感が強くなっています。

2.技術・記録系

閲覧の対象 : ネット検索で該当技術を探している人

興味がない人には響かない系ですが、有用で同じような記事の少ない技術系の記事は検索に引っかかりやすく、
また長期・安定的に一定数以上のアクセス数を見込める可能性が高いです。

平日にアクセスが多くなるものがあり、企業などで業務上必要になった技術として検索されていることが推測できる記事もあります。

3.まとめ系

閲覧の対象 : 不特定多数

2chなどの掲示板やTwitterなど何かしら煩雑になった情報をまとめ上げて一つの記事にするもの。
オリジナリティが少ないがその実、閲覧者にそれと気づかれないように運営者による思想・思考誘導が混ぜられることもあります。
(例:掲示板まとめのレスの順番入れ替えなど)

アフィリエイト収入が目的のものが多く、ガヤガヤしているサイトが多いのも特徴です。

4.コンテンツ系

閲覧の対象 : 新規集客とリピータを作ることを念頭に

面白い記事、知識的な記事、興味を持たせるための記事など幅は広いですが、基本的には新規の閲覧者の獲得とリピーターになってもらうことを考えているものです。

お店のブログなどはこれにあたります。

ブログの今後

今現在でも言えることですが、芸能人などではない限り、本来あった日記的な意味合いからより上記”4″のコンテンツ的な意味合いが強いものがしばらくはメインになっていきそうです。

原因の一つにはGoogleがページのコンテンツの有益性を見て検索結果に反映させる方向に動いていることもありますが、

「コンテンツ系の方が見てて楽しくて”タメ”になる」

というのが一番重要なポイントなのではないかと思います。

SNSが台頭してきた後、競合する部分があり勢いは少し弱まりましたが、その分洗練されたブログサイトもたくさん現れました。
今後もSNSと競合ではなく相互に関係をもつことでより差別化された存在になっていくでしょう。

まとめ

もっと色々詰め込みたかったのですが、多すぎて無理でした。(笑)

最近取り上げられることが多いコンテンツマーケティングというのも構造としてはブログを基本に据える場合が殆どです。
Webマーケティングに関してもブログの担う役割は大きいと分かっていただけるのではないでしょうか。

ということでみなさん!ブログバンバン書いていきましょう!!

記事担当:森

  • このエントリーをはてなブックマークに追加