株式会社コネクトファクトリー

ブログ

ホームページを作る前に押さえておきたい3つのポイント!

2015.11.24

connect-mori

見せたいページと作りたいページ

どうもこんにちは、神戸でシステム開発やWebサイト/ホームページ制作をしています。
コネクトファクトリーの森です。

今、求人を出しているんですが、エントリーされる方達が中々の高スペックなので就業していただいた後に

「え、そんなのも知らないんですか?」(嘲笑)

って感じにされるんじゃないかとガクブルしています。

さて、今日はホームページを作る前に押さえておきたいポイントです。

とはいっても技術的なことではなく、スタート前に明確にしておくべきアレコレです。

「高い志をもってアレモコレもやるべきだ!」

と気張るつもりもないですが、

「なんとなく・・・」

といった場合でもその「なんとなく・・・」はどこから来てどこにいきたいのかということです。

ファミリーの乗るワゴンタイプの車がレース用に転向するのが難しいように、ホームページも色々なパターンがあって、後で大幅な路線変更をしようとしても難しいことがあります。
後悔しないように根幹部はしっかり意識を作っていきましょう。

1. 制作の動機はなにか

新規のホームページでもリニューアルでも
「ホームページを作ろう!」と思いたったその動機です。

例えば

  • 「ホームページ見てもらえればお客さんくるんじゃない?」
  • 「自社の製品を紹介したい」
  • 「インターネットで物を売りたい」
  • 「会社のホームページくらいないといけないと思って」
  • 「今のホームページ少し見た目が古くなってしまった」
  • 「ホームページかっこ良くして会社のイメージを上げたい」

など、根源的なものなんでもOKです。

これがはっきりしないと走っていく方向が分からないままにスタートとなってしまいますので、とっても大事なポイントです。

2. だれに見て欲しいホームページなのか

「このホームページはだれに向けて作ってるのだろう??」
と思ってしまうページが結構あります。

制作担当者のエゴで作られているページやホームページのオーナーさんの自己満足のための内容に傾いていくページです。メインターゲットがしっかり設定されていないと 自分達のため というなページ構成、内容に陥りやすくなります。

ホームページは自分の満足の為よりも見てもらう人のことを一番に考えることが大事です。そのサイトを見て欲しい人達を具体的に設定することでどういった内容にするかも自ずと定まってきます。

3. 作りたいホームページのゴールはなにか

上記の1、2だけでもある程度のものは制作できるのですが、ゴールの設定があやふやなホームページは育ちません。
また制作段階でゴールが明確になっていないとそもそもそういったゴールに向かう仕様や誘導を含めさせておくことができません。

ゴール例)

  • 「商品を買ってもらう」
  • 「問い合わせ・見積もり依頼をもらう」
  • 「検索で辿り着いた人に自社のプラスイメージを与える」
  • 「自己、自社の周知のため」

といった設定をしておくことも大事なポイントになります。

まとめ

今回はホームページを制作する時に最も大事な意識の部分に少し触れさせていただきました。

制作会社やサービスを利用する場合でも自身で作られる場合でも上記の3点はキッチリ抑えた上で構成やレイアウトなどに入りましょう。
そうすればたくさんの人に愛されるホームページに一歩近づけると思います!!(笑)

ということで、以上!! 今日はホームページを作る時に大事な心構えについてでした!!

記事担当:森

  • このエントリーをはてなブックマークに追加